> > 垂直翼+ウイングレット付きの小形風力発電システム(10kW)、実験開始

垂直翼+ウイングレット付きの小形風力発電システム(10kW)、実験開始

 印刷 記事を保存
垂直翼+ウイングレット付きの小形風力発電システム(10kW)、実験開始

NTN(大阪府大阪市)は3月31日、静岡県磐田市の「いわたエコパーク」において、高効率な翼技術を活用した風力発電装置「小形風車(10kW)」の実証試験を開始したことを発表した。

この装置の風車部分は、厚みをもたせた翼形状の垂直翼にウィングレットを付けた翼形状をしている。この翼形状により、強風時でも風切り音がほとんど無い優れた静粛性を実現した。ウィングレットは、回転の抵抗となる渦乱流を防ぎ、エネルギーロスを抑えることができる。

また風車形式は垂直軸で、どの方角から吹く風も受け止めることができる。

ウィングレット

今回の実証試験では、風速に対する回転数の制御条件や、ブレーキ制御条件の最適化、さらに長期間の連続運転による構成部材の耐久性などのデータを採取する。これらの運転制御に関するデータを活用することで、装置の信頼性向上につなげていく。

同社では、高効率な翼技術を活用し、低炭素化社会の実現に貢献するとしている。

NTNは、ベアリング、ドライブシャフト、精密機器商品等の製造・販売会社。ベアリング関連で培った技術やノウハウを活用した自然エネルギー事業に取り組んでいる。2016年7月より、太陽光と風の2つの自然エネルギーを利用した「ハイブリッド街路灯」を販売するほか、既存の用水路の壁面に置くだけで発電できる「NTNマイクロ水車」の販売も開始する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.