筑波大学とトヨタが共同研究 自動運転、燃料電池など自動車技術を革新

  • 印刷
  • 共有

筑波大学(茨城県つくば市)とトヨタ自動車(愛知県豊田市)は4月6日、同大学内に共同で、地域未来の社会基盤づくりを研究開発する「未来社会工学開発研究センター」を開設したと発表した。

同センターでは、長期、協調領域視点でSociety 5.0を実現する地域未来の社会基盤づくり、拠点化形成につき研究を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報