> > 筑波大学とトヨタが共同研究 自動運転、燃料電池など自動車技術を革新

筑波大学とトヨタが共同研究 自動運転、燃料電池など自動車技術を革新

 印刷 記事を保存

筑波大学(茨城県つくば市)とトヨタ自動車(愛知県豊田市)は4月6日、同大学内に共同で、地域未来の社会基盤づくりを研究開発する「未来社会工学開発研究センター」を開設したと発表した。

同センターでは、長期、協調領域視点でSociety 5.0を実現する地域未来の社会基盤づくり、拠点化形成につき研究を行う。

たとえば、テーマ毎にモデル地域を選定し、自動運転、ロボティクス(ロボット工学)、燃料電池などの自動車の技術革新と衛星、携帯端末など関連する先進技術によるデータ解析と社会応用で地域未来に新たな社会サービスを創出する。

そのため、組織対組織型の本格的な産学官連携によるオープンラボ方式を採用し、5年間の予定で、地域経済・社会の課題解決と未来産業創出と拠点化形成への実証研究と政策提言に取り組む。

(※全文:1005文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.