> > オランダで中国版植物工場・日光温室が稼働 アジア向け栽培技術狙う

オランダで中国版植物工場・日光温室が稼働 アジア向け栽培技術狙う

 印刷 記事を保存

オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ国内にて稼働させる。施設園芸面積では世界トップの中国では、他国とは異なる形状をした中国版の温室ハウス(日光温室)が主流となっている。

そこで今回、オランダ国内でも、環境制御によるハイテクな植物工場だが、形状を中国の伝統的な日光温室にすることで中国現地の環境条件を再現しながら、試験栽培を行っていく。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連事業者にとって、外資系の競合メーカーの動向を参照できます。
  • 植物工場の導入を検討する事業者にとって、保温性・蓄熱性に優れた植物工場の情報として参考にできます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.