> > 経験則や目視など「職人芸」の酪農・畜産業界 ICTシステムに大型投資

経験則や目視など「職人芸」の酪農・畜産業界 ICTシステムに大型投資

 印刷 記事を保存

産業革新機構(INCJ)、JA全農、農林中金と住友商事の4者は、酪農・畜産農家向けにクラウド型牛群管理システムおよび牛個体管理センサーの開発・販売を行う株式会社ファームノートホールディングス(FNHD)の第三者割当増資を引き受け、総額5億円の出資を行う。

牧場経営においては、牛の健康状態や効率的な繁殖に必要な発情・分娩兆候など、牛個体および牛群の情報を適時に把握することが非常に重要だ。


この記事は、たとえば

  • 畜産・酪農関係の事業者にとって、省エネ化・ICT化を検討する参考になります。
  • IoT、ICT関連サービス提供側事業者にとって、市場動向のひとつとして参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.