> > 2015年度のエネルギー起源CO2排出量、前年度比3.4%減

2015年度のエネルギー起源CO2排出量、前年度比3.4%減

 印刷 記事を保存
2015年度のエネルギー起源CO2排出量、前年度比3.4%減

資源エネルギー庁は4月13日、2015年度エネルギー需給実績(確報)を取りまとめ公表した。2015年度のエネルギー起源CO2排出量は、エネルギー需要減に加え、再生可能エネルギーの普及や原子力発電所の再稼働による電力の低炭素化等により、前年度比3.4%減となり2年連続で減少し、震災後では最少となった。

需要動向についてみると、最終エネルギー消費は、省エネの進展や前年度以上の冷夏・暖冬等により、前年度比で1.4%減り5年連続で減少した。供給動向についてみると、一次エネルギー(石炭・石油・天然ガス・原子力など)の国内供給は、前年度比1.4%減となり2年連続で減少。

再生可能エネルギー(未活用・水力含む)の普及と原子力発電の再稼働が進み、両者の電源構成の比率がともに前年度比0.4%ポイント増となった。

最終エネ消費は家庭部門を中心に全部門で減少

2015年度の最終エネルギー消費は13,548PJで前年度比1.4%減。部門別に見ると、企業・事業所他部門が前年度比0.9%減、家庭部門が同3.3%減、運輸部門が同1.6%減と、前年度以上の冷夏・暖冬等の影響で、家庭部門を中心に全部門で減少した。

非化石燃料(原子力・再エネ)のシェアは8.9%

一次エネルギーの国内供給では、発電における再生可能エネルギーの普及と原子力発電の再稼働が進んだ。非化石燃料ごとの比率をみると、水力発電は3.6%(前年度比0.2%ポイント増)、再生可能・未活用エネルギーは4.9%(同0.2%ポイント増)、原子力は前年度の0%から0.4%となった。

一方、化石燃料ごとの比率をみると、石油は41.0%(同0.5%ポイント減)、天然ガスは24.3%(同0.9%ポイント減)。なお、石炭は発電用消費や最終消費は減少したものの、発電所や工場で在庫が積み増され、一次エネルギーの供給においては前年度比0.7%ポイント増の25.9%となった。原子力を国産とみた場合のエネルギー自給率は9.5%。

電力のCO2排出源単位も改善

2015年度エネルギー起源CO2排出量は1,149Mt-CO2で前年度比3.4%減。CO2排出量は東日本大震災後の原子力発電稼働停止等の影響により2013年度まで4年連続で増加した。2015年度はエネルギー需要減や電力の低炭素化等により前年度に引き続き減少となり、震災後では最少となった。電力のCO2排出原単位は前年度の0.55kg-CO2/kWhから0.53kg-CO2/kWhに改善した。

2015年度の総合エネルギー統計確報は、資源エネルギー庁が各種エネルギー関係統計等を基に作成・公表した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.