> > 日本政府、地球温暖化対策も「3本の矢」を世界に発信

日本政府、地球温暖化対策も「3本の矢」を世界に発信

 印刷 記事を保存

経済産業省は4月14日、2030年以降の長期の温室効果ガス削減に向けた対策を検討してきた「長期地球温暖化対策プラットフォーム」の報告書を取りまとめ、国際貢献、産業・企業のグローバル・バリューチェーン(国際的分業体制)、イノベーションの3本の矢に基づく、「地球儀を俯瞰した温暖化対策」を核として日本の長期戦略を構成すべきであると発表した。

また報告書では、これら地球温暖化対策「3本の矢」により、日本全体の排出量を超える地球全体の排出削減(カーボンニュートラル)に貢献する「3つのゲームチェンジ」を仕掛けていくとしている。それによりパリ協定の排出・吸収バランスに向けた本質的な貢献をしていく。

まず国際貢献によるカーボンニュートラル化では、今後、日本による世界の削減量を定量化し、我が国全体の排出量を超える国際貢献を行い、これを積極的に発信する。さらにこうした取り組みを通じて、各国が貢献量の多寡を競い合う新たなゲームへの移行を進めていく。

(※全文:1512文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.