> > 太陽光発電設備製造のZEN POWER、負債25億で倒産 太陽光関連で今年最大

太陽光発電設備製造のZEN POWER、負債25億で倒産 太陽光関連で今年最大

 印刷 記事を保存

帝国データバンク(東京都港区)と東京商工リサーチ(東京都千代田区)は4月18日、それぞれの速報で太陽光発電パネル製造・販売を行うZEN POWER(福岡県福岡市)が、4月5日に福岡地裁より破産手続き開始決定を受けたことを発表した。負債総額は約52億円。太陽光関連では今年最大の倒産となる。

両社によると、ZEN POWERは、エスシパワの商号で、2005年12月に設立され、情報機器用超薄型IC電源の開発を行っていた。2013年10月に現商号へ変更するとともに、太陽光発電パネル製造・販売業へ業態転換した。太陽光発電モジュールの組立・販売を手掛けるために、福岡県久山町に工場を開設。日本製を強みとして国内販売のほか、海外へ輸出も行った。業績のピークとなる2014年12月期の売上高は約74億円。

ドイツの企業による不良債権が引き金に

東京商工リサーチによると、大口取引先だったドイツの企業に多額の不良債権が発生したことで資金繰りが悪化し、仕入代金が支払えなくなった。また、欧州でのモジュール価格の下落、国内では再生エネルギー買取価格の引き下げなど太陽光市況が急激に悪化するなか、2015年12月期の売上高は約5,500万円にまで減少した。同期末までに社員を解雇し、事実上の事業停止に。2016年12月22日に福岡地裁へ自己破産を申請していた。

太陽光関連としては九州・沖縄で過去最大の倒産で、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が導入された2011年以降では全国で3番目の大型倒産となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.