> > 北越急行で貨客混載のモーダルシフト 省エネ+運転手の稼働時間も削減

北越急行で貨客混載のモーダルシフト 省エネ+運転手の稼働時間も削減

 印刷 記事を保存

佐川急便(京都府京都市)と北越急行(新潟県南魚沼市)は4月19日、北越急行「ほくほく線」の六日町駅~うらがわら駅間で、旅客列車2本を利用した貨客混載輸送による、トラックに代わる小口宅配貨物の拠点間輸送を4月18日から本格的に開始したと発表した。

この取り組みは、旅客列車を利用することで新たな貨物輸送サービスを提供するとともに、輸送の効率化によりトラックドライバーの運転時間の削減等の省力化と、CO2排出量削減を実現するもの。また、3月に国土交通省より改正物流総合効率化法に基づく、総合効率化計画として認定されている。

両社は、2016年6月に貨客混載事業に取り組むことに合意し、本格稼動を目指して実証実験を重ねてきた。国土交通省の資料によると、小口宅配貨物の拠点間輸送は年間で計245回。これを貨客混載輸送に転換することで、1回の運行でCO2排出削減量は14.0kg-CO2(88%減)、省力化されるトラックの運転時間は1時間(60%減)と試算されている(効果は参考値)。

(※全文:1135文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.