> > 太陽電池の配線工程、コストを半減させる「超音波式」電極接合装置

太陽電池の配線工程、コストを半減させる「超音波式」電極接合装置

 印刷 記事を保存

東芝三菱電機産業システム(東京都中央区)は4月19日、Triumph PV Materials Ltd.(中国安徽省)のCIGS太陽電池工場より、超音波を利用した電極接合装置「TMBBM™」を3台受注したと発表した。稼働開始は2017年10月を予定。

この装置は、同社の超音波接合技術により、太陽光発電パネルのガラス基板にアルミリボンなどの電極を直接接合するもの。

従来、電極を基板に接合するためには、はんだやペーストなどの接合材料を使用するのが一般的だったが、本装置は接合材料が不要となるため、太陽電池の配線工程の製造コストを約半減できるとしている。

装置の納入先は、Triumph PV Materials Ltd.が同省蚌埠市に建設する、生産規模1.5GWの工場の第一期(300MW)。今後、江蘇省江陰市に建設される新工場にも納入される予定だ。

(※全文:790文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.