> > 熊本県阿蘇・大津エリアで電源接続案件募集プロセス開始 5月に説明会

熊本県阿蘇・大津エリアで電源接続案件募集プロセス開始 5月に説明会

 印刷 記事を保存

九州電力(福岡県福岡市)は4月26日、電力広域的運営推進機関(OCCTO)により、熊本県阿蘇・大津エリアの電源接続案件の募集要綱が決定されたことを受け、事業者向け説明会を5月12日に実施すると発表した。

対象となるのは、当該エリアにおいて電源接続案件募集プロセスへの参加を検討している事業者。開催場所は、同社熊本支社(熊本県熊本市)。

OCCTOによる募集概要は以下の通り。

電源接続案件募集プロセスの概要

当該エリアにおいて連系等を行うにあたり必要となる設備対策を他の系統連系希望者と共用して連系等を希望する発電設備等を入札により募集。

入札対象工事の概要

対象設備及び対策工事内容

  • 66kV熊本一の宮線新設工事
  • 66kV黒川一の宮線一部増強工事

入札対象工事費

約17.7億円

工事完了予定時期

電源接続案件募集プロセス完了時から約3年0か月後(2021年2月目途)

募集する容量

約4.7万kW

募集する電源

募集対象エリア内において、高圧又は特別高圧の送電系統に連系して電力を流入する発電設備等(同一事業地における50kW以上の設備を50KW未満の設備に分割したFIT(固定価格買取)電源を含む)


当該エリアの募集プロセスの応募期間は、5月31日まで。

電力広域的運営推進機関では、今回のエリア以外でも電源接続募集プロセスを実施している。九州電力管内では、4月28日から熊本県御船・山都エリアの入札受付が開始されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.