> > 金属リサイクル事業者4社が合弁会社設立 共同で日本の静脈産業を強化

金属リサイクル事業者4社が合弁会社設立 共同で日本の静脈産業を強化

 印刷 記事を保存

スズトクホールディングス(東京都千代田区)、マテック(北海道帯広市)、やまたけ(東京都足立区)、青南商事(青森県弘前市)の4社は5月8日、鉄・非鉄スクラップ等の販売・仕入れなどを共同で行う合弁会社を設立すると発表した。

合弁会社の名称は、「アール・ユー・エヌ(通称:ラン)」で、各社が25%ずつを出資。2017年7月をめどとして設立する。

今回の合弁会社設立の背景には、資源価格の低迷と国内マーケットの縮小、国内の廃棄物のリサイクル率の頭打ち傾向、リサイクル業者の大規模化とグローバル化による経営環境の変化がある。

4社はこの対策として、共同販売においては、スケールメリットを活かしたビジネスを行う。そのため国内外の大口のオーダーに対して安定して高品質な製品を供給できる体制を整備する。

(※全文:1448文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.