> > 三井造船、波力発電の実証実験スタート 設置面積の小さい「機械式」

三井造船、波力発電の実証実験スタート 設置面積の小さい「機械式」

 印刷 記事を保存

三井造船(東京都中央区)は5月10日、伊豆七島の一つである神津島の北側に位置する黒根沖で離岸距離800メートル、水深32メートルの外洋に、日本で初めて「機械式波力発電装置」を設置し、波力発電の実証試験を開始したと発表した。

このプロジェクトは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究事業で、2011年度から開始した「海洋エネルギー発電システム実証研究」の一環として実施されるもの。

今回の実証試験では、同装置で発電した電力量を逐次把握し、各種計器類、通信機器で電力を消費するのみで、神津島との系統連系は行わない。余った電力は搭載している容量20kWhのリチウムイオン電池に常に供給し、発電量が低下した時期のバックアップに役立てるシステムとなっている。

(※全文:1079文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.