> > 電子機器リサイクルから作る五輪メダル、回収数が30000個突破

電子機器リサイクルから作る五輪メダル、回収数が30000個突破

 印刷 記事を保存

東京都は5月10日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のメダル製作に向け回収している携帯電話器等の受付数が、3万個を突破したと発表した。

都が回収した小型電子機器は、大会組織委員会による「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に提供される予定だ。

同プロジェクトは本年4月から開始されたが、都はこれに先行し、2月16日より新宿区の協力を得て、家庭で不要になった小型電子機器の回収を、都庁舎において開始していた。

今回、都で回収された小型家電は新宿区のルールに準じ、携帯電話、デジタルカメラ、ポータブルビデオカメラ、携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機、ポータブルカーナビ、電子辞書、電卓、リモコン・ACアダプター・ケーブル等の付属品の、9品目。なお、回収に協力すると希望者には「感謝カード」が渡された。

(※全文:950文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.