> > 水銀条約など、新たなニーズに対応 3社からLED照明の新製品発表

水銀条約など、新たなニーズに対応 3社からLED照明の新製品発表

アイリスオーヤマ(宮城県仙台市)、パナソニック(大阪府門真市)、プライム・スター(東京都港区)は5月16日、それぞれ手がけている新しいLED照明シリーズに関する製品動向を発表した。

水銀汚染防止法の代替需要を狙う

アイリスオーヤマは、工場、倉庫向けの「高天井用LED照明HX-Rシリーズ」を本年7月より発売する。

同シリーズは、2020年12月31日以降「水銀汚染防止法」により一般照明用の高圧水銀ランプの製造及び輸出入が水銀含有量に関わらず禁止されることを受け、高圧水銀ランプが普及している工場や倉庫の代替需要を狙うもの。

同社の発表によれば、本シリーズは軽量設計(2.2kg)かつ、195.3lm/Wと高効率(同社調べ)であり、一般的な水銀灯と比較して消費電力を最大81%削減することができるとしている。

またこれにより、電気代を削減できるため、設置から約1.8年で初期投資を回収できるとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.