> > 日本政府、農業データの連携プロジェクト開始 主要プレイヤーが勢揃い

日本政府、農業データの連携プロジェクト開始 主要プレイヤーが勢揃い

 印刷 記事を保存

多数の民間企業が参画する産学官連携プロジェクトにて『農業データ連携基盤(データプラットフォーム)』の構築が進められる。

本プロジェクトは、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム「次世代農林水産業創造技術」によって実施されるもので、経験や勘に基づく高付加価値型農業を実現してきた日本が、データ活用型の農業を、産官学が連携したデータ連携基盤により世界に先駆けて実現するものである。


この記事は、たとえば

  • 農業の効率化、低コスト化を目指す事業者にとって、最新技術の動向を知る参考になります。
  • 農業ICT、IoT製品・サービスを提供する事業者にとって、連携・協業する相手の参考になります。
  • 農業の活性化・効率化を図る地方行政担当者にとって、参画するプロジェクトとして参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.