> > 植物工場でつくる、鉄分75%アップ、低カリウムのホウレンソウ

植物工場でつくる、鉄分75%アップ、低カリウムのホウレンソウ

 印刷 記事を保存

植物工場による低カリウム野菜の共同研究をおこなっている、富士通ホーム&オフィスサービスと秋田県立大学では、一般的なホウレンソウと比較して、鉄分を75%多く含む低カリウム・ホウレンソウの栽培技術をICTにより確立し、共同で特許出願した。

この技術により、貧血に悩む人など、毎日の食生活の中で生野菜から鉄分を摂取する選択肢を提供するとともに、野菜に含まれるカリウムが気になる人でも安心して鉄分摂取が可能な生野菜を提供することができる。


この記事は、たとえば

  • 植物工場を運営する事業者にとって、生産する作物の高付加価値化の事例として参考になります。
  • 植物工場・農業ICT関連の製品・サービス提供側事業者にとって、他社事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.