> > 自動圧縮型スマートゴミ箱「BigBelly Solar」 今度は東京・表参道で実験

自動圧縮型スマートゴミ箱「BigBelly Solar」 今度は東京・表参道で実験

 印刷 記事を保存
自動圧縮型スマートゴミ箱「BigBelly Solar」 今度は東京・表参道で実験

表参道に設置された「BigBelly Solar」 商店街振興組合原宿表参道欅会2か所設置

日本システムウエア(NSW/東京都渋谷区)とアートファクトリー玄(東京都渋谷区)は5月18日、東京都の表参道で、スマートゴミ箱「BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)」の実証実験を開始したと発表した。

同2社は、この実験を通じてのゴミ回収・リサイクルの課題解決に向け、商店街振興組合原宿表参道欅会(東京都渋谷区)にスマートゴミ箱を提供。表参道の歩道2ヶ所に設置した。

このゴミ箱は、IoT技術を活用したもので、携帯電話網を通じてゴミの蓄積状況をリアルタイムで発信する機能を備えている。今回の実験は、この機能が収集頻度や人員配置、ゴミ箱配置の最適化など、収集作業の効率化とコスト削減にどのくらい貢献するか調査するもの。

また、このゴミ箱には太陽光発電システムが付いており、ゴミ蓄積量のチェックや発信、ゴミ圧縮の動力をすべてまかなう。そのため今回の実験では、太陽光発電による連続稼働の検証も実施される予定。

米国ジョージタウン大学で導入実績

「BigBelly Solar」は、米国のBigBelly Solar社が開発したスマートゴミ箱ソリューションだ。NSWは、同社の独占的販売代理店として2014年10月より、同商品を販売してきた。これまで、東海大学長崎県・ハウステンボスリゾート内へ設置され実証実験が行われてきた。

ごみ箱の種類は、内部の蓄積状況を知らせる機能を持つ「SmartBelly(スマートベリー)」と、ごみを自動的に圧縮する機能を持つ「BigBelly(ビッグベリー)」の2タイプがある。

NSWは、「ゴミ箱からゴミがあふれ、街の景観が台無しになる」「動物・鳥類のいたずらを解決したい」「煩雑なゴミ回収業務を簡略化したい」「ゴミ回収サイクルを決めているが、ゴミの溜まり具合が設置場所によって異なり、効率的に回収できない」などの課題を抱える事業者や団体に向け、この2タイプのごみ箱を組み合わせ導入することを提案している。

米国のジョージタウン大学では、60個のごみ箱を20個の「BigBelly(ビッグベリー)」に置き換えたところ、ごみ回収車の移動にかかる年間約1,300km分の燃料費と、年間約600リットル分のCO2排出量を削減できた事例も紹介している。

今後もNSWとアートファクトリー玄は、機器の提供および検証環境の構築をするとともに、この実証実験を、IoTを使用したスマートシティのモデルケースとして活用し、創造的なIoT社会の発展に向け貢献していきたい考えだ。

なお、NSWはITソリューションプロバイダ、アートファクトリー玄は分別回収コンサルタント企業である。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.