> > 省エネする消費者は多い、しかし正しく理解している人は2割(民間調査)

省エネする消費者は多い、しかし正しく理解している人は2割(民間調査)

 印刷 記事を保存

リンナイ(愛知県名古屋市)は5月22日、家庭における省エネの目的や行動、理解度などを探るため、全国20~40代の男女計987名を対象に「省エネ」に関する意識調査を実施した結果を発表した。

これによると、普段の暮らしで省エネを意識している人は約7割。そのうち19.3%が「強く意識している」、48.2%が「やや意識している」と回答している。

また、省エネを意識するだけでなく実際に行動している人も「常に(できる限り)実行している」、「実行している」と回答した人が73.1%を占めた。実際に省エネ行動をしている人を年代別にみると、20代が65.3%、30代が69.8%、40代が77.5%で、年代が上がるにつれて、省エネを行っている人も増えていることがわかった。

自身の省エネについて「家計(節約)」と「環境保全」のどちらの方がより強い意識としているかを聞いたところ、「家計」と答えた人が93.5%。

省エネ対策の1位は「水を流しっぱなしにしない」(75.1%)。続いて「使っていない部屋の照明はこまめに消す」(69.5%)、「冷蔵庫のドアはなるべくすぐ閉める」(64.0%)だった。

(※全文:2459文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.