> > 省エネ対策の補助金・支援制度がわかる、静岡県の無料説明会

省エネ対策の補助金・支援制度がわかる、静岡県の無料説明会

 印刷 記事を保存

静岡県は5月18日、事業所の省エネルギー対策を支援するため、「平成29年度 省エネ対策の支援制度等説明会」を6月19日に開催すると発表した。参加費は無料で、定員は100名。定員になり次第、申込みを締め切る。

この説明会では、エコアクション21の取り組み事例や、国や県が2017年度に実施する省エネ関連支援の支援施策等について紹介する。

エコアクション21については、静岡県環境資源協会(静岡県静岡市/エコアクション21地域事務局)が概要を説明。また、「環境人づくり企業対象2016」奨励賞を受賞した大東スチール(静岡県焼津市)と、エコアクション21「認証・登録10年継続記念」表彰を受けた杉山メディアサポート(静岡県浜松市)が取り組み事例を発表する。

省エネ対策の支援制度については、経済産業省がエネルギー使用合理化等事業者支援事業等、環境省が業務用施設等における省CO2促進事業等を説明。同県が省エネ診断、新エネ・省エネ等導入促進資金、CASBEE静岡等について説明する。

開催日時は6月19日(月)13:30~16:20。会場は静岡県男女共同参画センターあざれあ(静岡市)。申し込みは、静岡県くらし・環境部環境政策課あてに、FAXまたはメールで申し込む。

中小事業者等に向けた環境活動「エコアクション21」

環境省は、中小事業者等の幅広い事業者に対して、PDCAサイクルに基づき環境活動を簡易に行える方法を提供する目的で、「エコアクション21」を策定し、その普及を進めてきた。

エコアクション21は、環境マネジメントシステム、環境パフォーマンス評価および環境報告をひとつに統合したものであり、これに取り組むことにより、中小事業者でも自主的・積極的な環境配慮に対する取り組みが展開でき、その取組結果を「環境活動レポート」として取りまとめて公表できるように工夫されている。

また2004年には、第三者認証・登録制度を備えたものへと発展し、2017年3月末時点で、全国7,791事業者が、本制度に基づく認証・登録を受けている。

エネルギー使用合理化等事業者支援事業、省CO2促進事業とは

経済産業省のエネルギー使用合理化等事業者支援事業(エネ合補助金)とは、工場・事業場等の省エネ効果の促進、電力ピーク対策の支援を目的に、既設設備・システム置き換えなどの改修により、省エネ化を行う際に必要となる費用が補助されるもの。

また、環境省の業務用施設等における省CO2促進事業とは、中小規模業務用ビル等を対象としたZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の実現に資する省エネ・省CO2性の高いシステム等を導入する事業や、既存の業務用施設に対して省CO2性の高い機器等を導入する事業等に要する経費の一部を補助するもの。

両事業とも現在公募を行っているが、例年、二次公募等も行われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.