> > 投資家の新判断基準に? 経産省、ESG・無形資産評価のガイダンス策定

投資家の新判断基準に? 経産省、ESG・無形資産評価のガイダンス策定

 印刷 記事を保存

経済産業省は5月29日、企業価値向上に向けて、企業経営者と投資家が対話を行い、経営戦略やESG(環境・社会・ガバナンス)等の開示やそれらを評価する際の手引となるガイダンス(指針)をとりまとめ公表した。

この「価値協創のための統合的開示・対話ガイダンス-ESG・非財務情報と無形資産投資-(価値協創ガイダンス)」は、企業が中長期的な企業価値を高めるための戦略的な投資のあり方、投資家が長期的な視野から企業を評価する方法、そして企業の情報開示や投資家との対話のあり方についてまとめている。

中長期的な企業価値向上に向けた投資を促進する仕組みづくり

このガイダンスは、企業と投資家が情報開示や対話を通じて互いの理解を深め、価値協創に向けた行動を促すことを目的としている。その観点から、経営者や投資家に対する次のような役割を期待している。

(※全文:2331文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.