> > ESG(環境・社会・企業統治)

環境用語集

ESG(環境・社会・企業統治)【いーえすじー】

企業活動における環境(Environment)、社会問題(Society)、企業統治(Governance)を重視する投資手法。

通常の株式投資では財務の観点からのみ投資を行うが、ESG投資ではそれに加え、非財務項目である環境問題への取り組みや、株主、顧客、従業員、地域社会など、利害関係者に対し、いかに企業の社会的責任(CSR)を果たしているかをチェックして投資を行う。一般的にこのような投資は社会的責任投資(SRI)と呼ばれる。

2006年に国連環境計画・金融イニシアティブが責任投資原則(PRI)を提唱し、投資にあたりESGの配慮を求めており、これを機にESG投資が欧米を中心に急速に拡大している。

日本でも投資情報として環境情報が一層重視されてきていることを受け、投資対象先企業の環境情報を開示するシステムの構築事業が平成25年度から進められている。

(東京証券取引所 ESGで企業を視るより引用)
(平成26年版 環境白書 金融を通じた企業の環境配慮の促進より引用)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.