> > 社会的責任投資(SRI)

環境用語集

社会的責任投資(SRI)【しゃかいてきせきにんとうし】

SRIはSocially responsible investmentの略称。投資判断プロセスに投資先の環境配慮や社会的側面を考慮する投資手法。

環境に対する社会的な関心が高まり、環境配慮活動などの企業の社会的責任(CSR)に基づいた活動に取り組む企業が増えるとともに、SRIへの関心も高まってきている。

SRIはアメリカで企業批判のためにその企業を投資対象から外すといったネガティブ・スクリーニングから始まったが、その後、環境面などで優れた企業へ投資するというポジティブ・スクリーニングが広まった。近年では企業のESG(環境・社会・企業統治)の3つの課題が重視されており、欧米を中心にESG投資が拡大している。

(日本政策投資銀行 社会的責任投資(SRI)の動向より引用)
(平成26年版 環境白書 金融を通じた企業の環境配慮の促進より引用)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.