> > バイオマスボイラで熱+CO2を供給する「スマートアグリプラント」稼働

バイオマスボイラで熱+CO2を供給する「スマートアグリプラント」稼働

 印刷 記事を保存
バイオマスボイラで熱+CO2を供給する「スマートアグリプラント」稼働

札幌プラント内部

Jファーム(北海道札幌市)は5月26日、北海道札幌市に建設中だった1.6haのスマートアグリプラントの竣工式典を同日に行ったと発表した。

同プラントは、農林水産省の補助事業である「平成28年度強い農業づくり交付金」により建設費用の約1/2の給付を受けたもので、すでに2016年12月に完成し、2017年4月より出荷を開始している。

プラントのエネルギー源には、JFEエンジニアリング(東京都千代田区)の技術である排ガス浄化機能を備えたバイオマスボイラを採用し、温室に熱とCO2を供給する。

採用したバイオマスボイラは、ベース熱源として木質チップを燃料とする450kW×2台。これに加えて、ピーク時の熱源として天然ガスを利用するガス焚き温水ボイラ(1,160kW×3台)を設置。

また、温室にはエネルギーコストを抑制しながら積雪に対応する独自の融雪システムを設置したという。

事業は交付金の優先枠により採択

同プラントは、強い農業づくり交付金の中で、2016年度に新設された「次世代施設園芸の地域展開」の優先枠により採択された。

これは地域エネルギーと先端技術を活用した高度環境制御型栽培施設に交付されるもので、従来設備に対し化石燃料を50%以上削減することなどが要件として挙げられている。札幌工場ではバイオマスボイラを熱源、CO2源とすることでこれを実現した。

同社は、2014年に建設した2.5haの苫小牧プラントでトマトやベビーリーフの生産を行っている。今回竣工した同プラントは、2016年4月に札幌市にトマト栽培専用のプラントを新設し、苫小牧とあわせ2拠点での生産体制を構築することを決定したことを受けたもの。

また竣工式典には、北海道知事、札幌市長をはじめ、約100名の関係者が参加した。

なお、Jファームは、農業生産法人のアド・ワン・ファーム(北海道札幌市)と総合エンジニアリング事業のJFEエンジニアリングが共同出資して設立した会社。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.