> > シンガポール、植物工場などをバーチャル体感できるVRを学校に導入

シンガポール、植物工場などをバーチャル体感できるVRを学校に導入

 印刷 記事を保存

シンガポールでは、メディア開発庁(IMDA)などが主体となって、バーチャルリアリティー(VR)による教育プログラムを学校や臨床トレーニングセンターに導入していく方針を発表した。

現地企業でVRコンテンツ開発を行うBeach House Pictures社など民間企業の協力も得ながら、まずは5つの小学校に試験的に導入される計画。

例えば地理・歴史などを学ぶ際に、シンガポールのお寺や公園などの名所をVR上にてバーチャル見学できるような学校教育向けにカスタマイズされたコンテンツを開発する。


この記事は、たとえば

  • 教育関係者・教育関係のサービス提供事業者にとって、海外の行政で行われる先進事例として参考にできます。
  • 植物工場の運営者にとって、従業員のトレーニング方法のひとつとして参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.