> > 高知県東部エリアで「電源接続案件募集プロセス」スタート(5.5万kW)

高知県東部エリアで「電源接続案件募集プロセス」スタート(5.5万kW)

 印刷 記事を保存
高知県東部エリアで「電源接続案件募集プロセス」スタート(5.5万kW)

プロセスの対象エリア

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は6月2日、高知県東部エリアにおいて、系統連系希望者からの申込みに基づき、系統連系に必要な工事費を共同で負担する事業者を募る手続き「電源接続案件募集プロセス」を開始したと発表した。

対象エリアは、安芸市・室戸市の全域と、安芸郡と香南市の一部エリア。プロセスの開始に伴い、募集要綱の公表までの間、187kV長山線とその上位系統に対し、送電系統の容量を5.5万kW、暫定的に確保する。

今後、同機関は、2017年7月頃を目途に、プロセスの募集要綱を策定し公表する。応募の受付は、7月中旬頃~8月中旬頃を予定。7月下旬頃に説明会を開催する。

対象エリアにおける事前相談、接続検討、契約申込み等の系統アクセス業務の取扱いについては、四国電力に問い合わせるよう呼びかけている。

「電源接続案件募集プロセス」とは

電源接続案件募集プロセスとは、系統連系希望者が発電設備等を送配電系統に連系するにあたり、大規模な対策工事が必要となるなど、系統連系に必要な工事費負担金が高額となる場合に、近隣の電源接続案件の可能性を募り、複数の系統連系希望者により工事費を共同負担して系統増強を行う手続きをいう。

電気供給事業者は、要件を満たす場合、同機関に電源接続案件募集プロセス開始の申込みを行うことができる。同機関は、業務規程に定める不開始事由がある場合を除いて、このプロセスを開始する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.