> > シンガポール5つ星ホテル、屋上菜園でハーブやパッションフルーツ栽培

シンガポール5つ星ホテル、屋上菜園でハーブやパッションフルーツ栽培

 印刷 記事を保存

植物などの緑が多いシンガポールでは、ホテルやレストランが都市型農場をオープンし、自分たちで農作物を生産する「Farm to Table」に挑戦する事例が増えているが、5つ星ホテルのOne Farrer Hotel & Spa(ワン ファラー ホテル&スパ)も、屋上スペースを利用した自社農場を運営している。 

ホテルでは建物7階にある屋上スペース、約1,000m2のエリアにて、60種類以上の野菜、ハーブ、エディブルフラワーなどを栽培している。 


この記事は、たとえば

  • 都市部で屋上スペースの活用を検討中の施設オーナーにとって、屋上菜園の先進事例として参考になります。
  • 農業関係の製品・サービスを提供する事業者にとって、海外市場の動向として参照できます。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.