> > 植物工場によるイオンの次世代施設園芸 大玉トマトを本格出荷へ

植物工場によるイオンの次世代施設園芸 大玉トマトを本格出荷へ

 印刷 記事を保存

イオン株式会社の連結子会社で農産物の生産供給を担うイオンアグリ創造株式会社は、埼玉県久喜市に大玉トマトの生産に特化した太陽光利用型植物工場による次世代施設園芸埼玉拠点(イオン埼玉久喜農場)から、本格出荷を開始する。

同拠点は、農林水産省の次世代施設園芸導入加速化支援事業の1つで、2014年に埼玉県と久喜市、イオンリテール株式会社とイオンアグリ創造株式会社の4者によって埼玉次世代施設園芸コンソーシアムを発足し、2015年にJA全農さいたま、埼玉次世代施設園芸トマト研究会が加わり、今日まで準備を進めてきた。


この記事は、たとえば

  • 農業関連の事業者にとって、植物工場の導入事例として参考になります。
  • 同様に、農林水産省の「次世代施設園芸導入加速化支援事業」の採択事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.