> > トランプ米大統領は仲間はずれ G7ボローニャ環境大臣会合

トランプ米大統領は仲間はずれ G7ボローニャ環境大臣会合

 印刷 記事を保存

環境省は6月13日、イタリア・ボローニャ市で6月11日~12日に開催された、「G7ボローニャ環境大臣会合」の結果をとりまとめ報告した。

今回の会合の主な成果については、成果文書として、7ヶ国が合意したコミュニケを採択し、米国がパリ協定脱退方針を表明する中、コミュニケの形でG7の一体感を示したことをあげている。

また、資源効率性・3Rの分野では、富山物質循環フレームワーク等の成果を踏まえた「ボローニャ・5ヶ年ロードマップ」を採択した。

このロードマップの附属書では、定期的に進捗状況をレビューすることや、国際レベルでの持続可能な物質管理や食品廃棄物、グリーン公共調達の分野等において資源効率性を促進することを合意した。

さらに、山本環境大臣は、米国環境保護庁プルイット長官とバイ会談を実施し、環境問題に関し引き続き政策対話を行っていくことで一致した。

今回の会合の参加国はG7各国(日、伊、加、仏、米、英、独)、EU。招聘国はチリ、エチオピア、モルディブ、ルワンダである。

(※全文:1955文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.