> > 複合施設の人の流れを測定、空調の最適制御で大幅に省エネする実験

複合施設の人の流れを測定、空調の最適制御で大幅に省エネする実験

 印刷 記事を保存

日建設計総合研究所(NSRI/東京都千代田区)とNTT(東京都千代田区)は6月15日、都市の様々なビッグデータ(情報)をAI(人工知能)を利用して最適なエリアマネジメントに活かすためのエリア情報活用プラットフォーム「AI×AI(アイアイ)(仮称)」の実現に向け、共同実験を開始すると発表した。

都市に関するビッグデータには様々な種類があるが、NSRIとNTTは、そのなかでも特に、商業施設など不特定多数の人々が集まる場における人の流れに着目した。

そこで両社は、三井不動産(東京都中央区)との協働により、今後展開予定の実証実験の事前調査として、東京・日本橋エリアの日本橋エリアの複合施設「コレド室町1」において人流を測定し、ビルのマネジメントデータと組み合わせた分析を行った。

(※全文:1324文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.