> > 複合施設の人の流れを測定、空調の最適制御で大幅に省エネする実験

複合施設の人の流れを測定、空調の最適制御で大幅に省エネする実験

 印刷 記事を保存
複合施設の人の流れを測定、空調の最適制御で大幅に省エネする実験

日建設計総合研究所(NSRI/東京都千代田区)とNTT(東京都千代田区)は6月15日、都市の様々なビッグデータ(情報)をAI(人工知能)を利用して最適なエリアマネジメントに活かすためのエリア情報活用プラットフォーム「AI×AI(アイアイ)(仮称)」の実現に向け、共同実験を開始すると発表した。

都市に関するビッグデータには様々な種類があるが、NSRIとNTTは、そのなかでも特に、商業施設など不特定多数の人々が集まる場における人の流れに着目した。

そこで両社は、三井不動産(東京都中央区)との協働により、今後展開予定の実証実験の事前調査として、東京・日本橋エリアの日本橋エリアの複合施設「コレド室町1」において人流を測定し、ビルのマネジメントデータと組み合わせた分析を行った。

この結果、人流の時間・場所ごとの粗密に基づき、たとえば空調を制御することで、来訪者が快適に感じられる体感温度レベルを維持しつつ、空調に使用するエネルギー消費量を大幅に削減する可能性を確認するなど、複数のエリアマネジメントの最適化のイメージを得ることができた。

3社は、この事前調査によって得られたデータを基に、今後コレド室町1以外の日本橋エリアにも調査対象を広げ、このエリア情報活用プラットフォームを実際の計画・マネジメントに活かすための実証実験に取り組んでいく予定。

なお「コレド室町1」では、同不動産が官民地元と共同で都心型スマートシティのモデルプロジェクトを推進している。

「AI×AI(仮称)」とは

「AI×AI(仮称)」は、NSRIのこれまでの都市開発での計画・マネジメントにかかわる知見と、NTTのデータ収集・解析にかかわる知見を組み合せることにより、都市開発・エリアのマネジメントや、コミュニティ・交通・エネルギーなどの課題に応じて、最適なソリューションを提供することを目指しているシステム。

同システムはHuman-centered(ヒト中心)というコンセプトに基づき、ユーザーにとっての快適さや使いやすさという視点を重視しつつ、実際の都市開発・エリアの計画、維持管理に関する活動を効率化するようなアルゴリズムを構築。収集された様々なビッグデータ(IoTデータ、エネルギー関連データ等)は、NTTグループのAI技術「corevo®」を用いて処理する。

この「AI×AI(仮称)」は、日本橋室町地区以外のエリアや、空港やターミナル駅、スタジアム等の大規模施設への展開も可能と考えられる。そのためNSRIとNTTは、様々なエリア・施設への展開をめざして共同研究を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.