> > 災害停電時、船→電気自動車→エレベータに電力供給する実証スタート

災害停電時、船→電気自動車→エレベータに電力供給する実証スタート

 印刷 記事を保存

三井住友建設(東京都中央区)は6月16日、国立大学法人東京海洋大学と共同で、電源供給システム「陸・海電力コネクティングシステム」を開発し、神奈川県横須賀市の協力を得て横須賀市役所久里浜行政センターにて稼働実証試験を実施したことを発表した。

同システムは、災害などによる大規模停電時において、非常用(保安用)電源を持たない建物に対して、動力電源の供給を、船舶や電気自動車から合理的かつ経済的に供給することを可能にする電源供給システムだ。

船舶から得られる電源を電気自動車により内陸部へ輸送する手段を提供するほか、建物に設置されたシステムには電気自動車バッテリーから供給させる電灯電源を動力電源に変換する「交流電源安定装置」を備えており、停電時においてもエレベーターを稼働させることができる。

(※全文:1267文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.