> > 災害停電時、船→電気自動車→エレベータに電力供給する実証スタート

災害停電時、船→電気自動車→エレベータに電力供給する実証スタート

 印刷 記事を保存
災害停電時、船→電気自動車→エレベータに電力供給する実証スタート

陸・海電力コネクティングシステム イメージ図

三井住友建設(東京都中央区)は6月16日、東京海洋大学と共同で電源供給システム「陸・海電力コネクティングシステム」を開発し、神奈川県横須賀市の協力を得て、横須賀市役所久里浜行政センターにて稼働実証試験を実施したと発表した。

同システムは、災害などによる大規模停電時に非常用(保安用)電源を持たない建物に対して、動力電源の供給を船舶や電気自動車(EV)から合理的かつ経済的に供給することを可能にする電源供給システムだ。

船舶から得られる電源を電気自動車により内陸部へ輸送する手段を提供するほか、建物に設置されたシステムには電気自動車バッテリーから供給させる電灯電源を動力電源に変換する「交流電源安定装置」を備えており、停電時においてもエレベーターを稼働させることができる。

エレベーター稼働実証実験 イメージ図

エレベーター稼働実証実験 イメージ図

同システムは、2017年6月10日に横須賀市役所久里浜行政センターにて試験導入された。横須賀市は電気自動車を積極的に導入しており、試験では電気自動車のバッテリー(6kW)によるエレベーター(3F/3.5kW)の稼働実証試験を実施し、稼働中の消費電力のデータを取得した。

その結果、エレベーター積載量を適切にコントロールすることにより、大型電動機の始動電流を抑制し、省エネルギーで稼働させることを確認しすることができ、稼働回数を増やすこともできた。

エレベーター稼働実証実験の様子

エレベーター稼働実証実験の様子

災害発生に伴って生じる大規模な停電時には、建物機能の維持に加えて利用者や入居者の安全確保が求められる。特に、停電によるエレベーターの停止は、中高層階からの移動が極めて困難となるため、社会的な問題となっている。

しかし、建物に設置された非常用発電機は防災設備への電源供給を主体としており、保安電源用として発電機を整備している建物は多くない。また、小規模な建築物では、非常用発電機自体が設けられておらず、停電時には全ての電気設備が停止する。

非常用発電機に頼らない緊急時の電源供給として、電気自動車のバッテリーによる電力供給を行う取り組みが近年進められているが、供給できる電源は電灯単相3線式200V/100Vであり、動力三相200Vの電源供給はできない。このため、多くの建物で求められているエレベーターの稼働ができず、課題となっている。

一方、「陸・海電力コネクティングシステム」の稼働には複雑な手順が伴うとともに、実証の際には事前の設備設置が必要である。

そのため、同社は今後、今回のエレベーター稼働実証実験によって得た稼働中の消費電力のデータや、今後予定している都内の高層賃貸住宅(6階以上)でのエレベーター稼働実証実験により、ノウハウの蓄積を行い、省エネルギーでの効率的な稼働による可能な電動機容量や稼働回数など実用化に向けた検討を進めていく。

また、非常時等に電気自動車や船舶を確保する運用体制や、船舶電源から電気自動車への電力供給を含む電源供給サービスの検討を進めていく方針を示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.