> > 連系線利用「間接オークション」の説明会資料が公表 変更のポイントは

連系線利用「間接オークション」の説明会資料が公表 変更のポイントは

 印刷 記事を保存
連系線利用「間接オークション」の説明会資料が公表 変更のポイントは

電力広域的運営推進機関(OCCTO)は6月16日、地域間連系線の利用ルールを「先着優先」から「間接オークション」へ変更する予定であることから、各種計画の提出にあたり「広域機関システム」を利用することになるため、事業者向けに説明会を開催、今回その資料を公表した。

6月14日に開催された説明会は、電力・ガス基本政策小委員会制度検討作業部会の審議結果を踏まえ、連系線の効率的利用、公平性・透明性の確保、市場環境の整備の観点から連系線利用ルールを「先着優先」から「間接オークション」へ変更予定されていることで、制度の導入に伴う業務規程および送配電等業務指針の変更点を解説するものであった。

内容的には、連系線を利用するすべて事業者向けに「間接オークション」導入に伴う実務を踏まえたもので、「ルール変更の概要」、「日本卸電力取引所(JEPX)の対応」、「広域機関システム対応状況」の3部で構成されていた。

間接オークションは2018年度の導入が予定されているが、同機関によると、現行システム開発の遅延などの影響で、全体的に工程が遅れている状況にある。

現在、詳細設計以降の開発工程を精査中であり、導入開始時期については国の審議会での議論も踏まえ、別途通知するという。

間接オークション導入までの主な予定として、第3四半期に計画提出詳細等についての事業者説明会、間接オークション開始数か月前に、経過措置対象者の精算方法等の追加などJEPX取引規程改定などがあげられている。

また、第4四半期に、システム利用関係に、変更する規格・仕様の公表や対応する各種ツールの提供を予定している。

取引所利用のイメージ(相対振替供給)

取引所利用のイメージ(相対振替供給)

連携線利用の間接オークションとは?

「直接オークション」が、直接的に「連系線を利用する地位または権利」をオークションにより割り当てる仕組みであるのに対し、「間接オークション」は、こうした地位・権利の割当てを直接的に行わず、すべての連系線利用を、エネルギー市場(日本でいえばJEPXにおける市場)を介して行う仕組み。

現行ルールでは、先着優先での容量割当を積み重ねた上、前日10時の段階で、なお空容量となっている部分を活用して、前日スポット取引が行われている。

それが変更後のルールでは、原則、すべての連系線容量(マージン分は控除)を前日スポット取引市場に割り当てる仕組みと考えることができる。よって、現行の「先着優先」に基づく連系線への容量登録を停止すれば、実質的に間接オークションが実現する。

説明会第1部のルール変更概要では、こうした間接オークションや、本制度の導入に伴う業務規程・送配電等業務指針の主な変更点となる「連系線利用」「需給状況の監視」「計画策定プロセス」に関するルール変更について説明があった。

間接オークション下でのJEPX利用について

同第2部では、日本卸電力取引所(JEPX)より、間接オークション下でのJEPX利用について説明があった。

連系線利用ルールを「先着優先」から「間接オークション」に変更すると、連系線はJEPXの市場を介してのみ利用することができる。エリア間で電力を融通している事業者は取引所を介さなくてはならなくなる。取引所利用のイメージや、経過措置について説明があった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.