> > NEC、省電力で稼働する新型のIoTデータ収集システムを発売

NEC、省電力で稼働する新型のIoTデータ収集システムを発売

 印刷 記事を保存
NEC、省電力で稼働する新型のIoTデータ収集システムを発売

システム構成図

NEC通信システム(東京都港区)は6月19日、NECのIoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」のネットワーク機能を担う製品として、「NECオンデマンド型無線ネットワーク」を同日より発売すると発表した。

この製品は、鉄道設備や電力設備などの社会インフラ領域の点検・監視や、プロセス工場や組立工場などのファクトリ領域の点検・監視などでの利用を想定して開発されたもの。

システムは、センサ群を接続して920MHz帯の無線ネットワークで通信する「IoTデバイス」、IoTデバイスが収集したデータをサーバに転送する「IoTゲートウェイ」(アンドロイドタブレット「LAV IE Tab E TE508/BAW」)、機器管理を行う「運用保守サーバ」の3つの要素で構成される。

なかでもIoTデバイスは、無線通信を使った独自の起動方式により、センサーからのIoTデータを省電力で収集することができる。

現在同社は、同システムを活用したプロセス工場における設備の監視ソリューションの導入に向けたフィールド実証を行っている。

構成品一覧

構成品一覧

同システムの主な特長は下記の通り。

内蔵電池でも、独自方式により長時間の連続稼働

ウェイクアップ方式

低消費電力で常時待ち受けし、起動用の無線信号受信時のみ無線通信を行う「ウェイクアップ方式」により、省電力実現。内蔵電池で長時間連続稼働が可能(1日数回の通信とした場合、約2年間の連続稼働)。

走行中の自動車や巡回中の点検者からデータ収集

ドライブバイ方式

自動車や電車などの高速の移動体が接近したことを契機に、IoTデバイスを起動させてデータを収集する方式。時速100kmの移動体からデータ収集が可能。

ドライブバイ方式

ドライブバイ方式

ウォークバイ方式

巡回中の点検者などが歩いて対象物に接近したことを契機に、IoTデバイスを起動させてデータを収集する方式。

ウォークバイ方式

ウォークバイ方式

広範囲のデータを一括収集できる

IoTデバイス間を無線のマルチホップで繋ぎ、通信可能エリアを拡張し、最大20ホップの通信により、データ収集広範囲のデータを一括収集


価格は、個別見積もりにより算出。今後3年間の販売目標は、関連SI含め累計約50億円。

なお、同製品は6月23日(金)まで東京ビッグサイト(東京都江 東区)で開催されている「第28回設計・製造ソリューション展」のNECグループブースで展示中だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.