> > カシューナッツの殻、プラスチックに変える新技術 東京農工大が開発

カシューナッツの殻、プラスチックに変える新技術 東京農工大が開発

 印刷 記事を保存
カシューナッツの殻、プラスチックに変える新技術 東京農工大が開発

カシューナッツの殻に含まれる天然の植物油(カシューナットシェルリキッド:CNSL)は、カルダノールを主成分とし、カルドールや2-メチルカルドールを含むフェノール性化合物の混合物。工業的にはフェノール樹脂や塗料、自動車用部材の原料として利用されている。

東京農工大学(東京都府中市)は6月7日、同大学大学院と明治大学(東京都千代田区)の研究グループが、カシューナッツの殻より得られる天然植物油(カシューオイル)から、環境調和型グリーンプラスチックの開発に成功したと発表した。

非可食バイオマス(再生可能資源)の有効利用を背景とした同研究は、食用とならないため、その多くが廃棄物処分となるカシューナッツの殻から採れるカシューオイルにまず着目。

それをエポキシ化、熱による自動酸化重合を用いたプレポリマー化、アミン化合物との架橋反応や紫外線照射をすることにより、室温で成形可能なグリーンプラスチック(バイオベースポリマー)が開発できた。

開発したポリマーは、300℃付近まで耐熱性があり、酸・アルカリ・有機溶媒に対する化学的耐久性にも優れることがわかった。さらに天然ポリフェノールを反映した黄色ブドウ球菌や大腸菌に対する抗菌特性があることも明らかになった。

また同研究では、グリーンプラスチック成形にあたって、環境や人体に有害とされるホルムアルデヒドなどの化合物(VOC)や重金属・強酸などの化合物を使用していない。

これらの特性により、この素材がパッケージングやコーティング材料や自動車部材、電子材料部材など、幅広く応用展開が期待できるとしている。

なお、この開発を行ったのは、東京農工大学大学院工学研究院・応用化学部門の兼橋真二特任助教と、同大学院生物システム応用科学府の荻野賢司教授、ならびに明治大学の宮腰哲雄名誉教授。

またこの研究成果は、2017年5月30日に、高分子学会広報委員会パブリシティ賞を受賞。幕張メッセで開催された第66回高分子学会年次大会で発表された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.