> > カシューナッツの殻、プラスチックに変える新技術 東京農工大が開発

カシューナッツの殻、プラスチックに変える新技術 東京農工大が開発

 印刷 記事を保存

東京農工大学(東京都府中市)は6月7日、同大学大学院と明治大学(東京都千代田区)の研究グループが、カシューナッツの殻より得られる天然植物油(カシューオイル)から、環境調和型グリーンプラスチックの開発に成功したと発表した。

非可食バイオマス(再生可能資源)の有効利用を背景とした同研究は、食用とならないため、その多くが廃棄物処分となるカシューナッツの殻から採れるカシューオイルにまず着目。

それをエポキシ化、熱による自動酸化重合を用いたプレポリマー化、アミン化合物との架橋反応や紫外線照射をすることにより、室温で成形可能なグリーンプラスチック(バイオベースポリマー)が開発できた。

(※全文:701文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.