> > 東京都、白熱電球2個とLED電球を無料交換 ※ただし貰えるのは1個

東京都、白熱電球2個とLED電球を無料交換 ※ただし貰えるのは1個

 印刷 記事を保存
東京都、白熱電球2個とLED電球を無料交換 ※ただし貰えるのは1個

ポスターやのぼりが参加協力店の目印

東京都は6月26日、LEDの普及と家庭での省エネ行動の拡大を図るため、家庭で使用中の白熱電球2個以上をLED電球1個に交換する事業を、7月10日から地域の家電店831店で開始すると発表した。

またこの発表に合わせ、LED電球交換の流れや、参加協力店名の発表など事業の詳細も発表した。

この事業での交換対象者は都内に住所を有する18歳以上の都民(交換は、一人1回まで)。交換の際は、運転免許証や健康保険証などで本人確認を行う。

白熱電球2個以上は、家庭で使用中であること、消費電力が36W以上、2個のうち1個は口金サイズがE26であることが要件となる。これを参加協力店に持参すると、電球40W相当または60W相当のLED電球(口金のサイズがE26、電球の形状がA型)に交換してもらえる。

不正防止等のため、店では回収した白熱電球はハンマーで叩いて使用不能にする。また、配布するLED電球の箱には、「転売禁止」のシールを添付し、都の事業で交換したLED電球であることを明示する。このシールは一度貼り付けると剥がすことができない仕様になっている。

本事業の開始にあたり、東京都は100万個のLED電球を用意。交換開始直後は、混雑が予想されるため、余裕をもって交換に行くよう呼びかけている。

LED電球100万個で年間23億円の電気代を削減

この「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」は、白熱電球とLED電球の無償交換だけではなく、省エネアドバイスを受けることもできる。

また、都は4月に、地域家電店等を対象に参加協力店を募集。その要件として、店舗面積が500m2以下であること、都が指定する講習会を受講することなどをあげていた。

本事業について小池百合子都知事は、5月26日の会見で、60Wの白熱電球100万個がLED電球に換わると、電気料金は年間で23億4000万円の削減。またCO2排出削減量は、年間で約4.4万トンになるとの試算結果を紹介している。

さらに、交換時に行う省エネアドバイスにより、省エネ意識の向上に伴う効果も期待できるとみている。

なお都は、小池知事とタレントのピコ太郎さんが出演する本事業のPR動画を作成・公開し、話題になっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.