> > 日本初! 積水ハウス、賃貸マンションでも全住戸ZEHを実現

日本初! 積水ハウス、賃貸マンションでも全住戸ZEHを実現

 印刷 記事を保存

積水ハウス(大阪府大阪市)は6月26日、全住戸においてネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の基準を満たす3階建て賃貸住宅「ZEH21」を石川県金沢市内に建設すると発表した。着工は8月1日で、完成は2018年1月の予定。

同社はこれまでも主に東京エリアにおいて、一部の住戸でZEH基準を満たす賃貸住宅を建設してきた。全住戸ZEHとなる賃貸住宅は同社にとってだけでなく、全国初、業界初になるという。

今回建設する賃貸住宅では全13戸。すべての住居で高断熱複層ガラスを採用する等、高い断熱性能を確保しながら、高効率エアコン、高効率ヒートポンプ給湯機、節湯水栓、LED照明等の「省エネ」設備を採用することでエネルギー消費量を最大限に削減した。

そのため各住戸に必要な太陽光発電パネルを平均2.4kWに抑えることができ、日射量が少ない金沢においても全住戸で、国の基準を満たすことができた。

(※全文:1388文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.