環境用語集

ZEH【ゼッチ】

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅。

2015年12月に経済産業省より発表された、ZEHロードマップによると、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設 備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」としている。

ZEHの判断基準(定量的な定義)

ZEHは、以下の定量的要件を満たす住宅とする。

以下の1~4のすべてに適合した住宅

  1. 強化外皮基準(1~8地域の平成25年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値1、2地域:0.4[W/m2K]相当以下、3地域:0.5[W/m2K]相当以下、4~7地域:0.6[W/m2K]相当以下)
  2. 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
  3. 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
  4. 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

ZEHの目標

エネルギー基本計画では、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す」とされている。また、「ZEHビルダー」とよばれるZEHを建設する認定事業者なども制度化されている。

ZEHロードマップ

出典:経済産業省 ZEHロードマップ(2015年12月)より

(経済産業省 ZEHロードマップ(2015年12月)より引用)

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.