> > KDDI・北陸電力が業務提携 今秋から北陸地域で「auでんき」提供開始

KDDI・北陸電力が業務提携 今秋から北陸地域で「auでんき」提供開始

 印刷 記事を保存

KDDI(東京都千代田区)と北陸電力(富山県富山市)は6月28日、KDDIの通信サービスと北陸電力の電気等を組み合わせた「auでんき」の北陸地域での提供を、2017年秋頃を目途に開始すると発表した。サービスの内容や開始時期等の詳細については、決まり次第改めて通知する。

なおこの事業については、「電気と通信を組み合わせたサービスの提供に関する業務提携契約の締結」という形で発表された。

通信サービスとセットでキャッシュバックする「auでんき」

KDDIが展開している電気サービス「auでんき」には、auスマホやauひかり(ネット+電話)をセットで加入すると、毎月の電気料金の最大5%相当分を「au WALLETプリペイドカード」へキャッシュバックする「auでんきセット割」がある。

「auでんき」は現在の電気料金と同じ料金で提供しており、セット割を利用すると得になるのが特徴。このセット割では、3人世帯のモデルケースで年間6,312円、5人世帯のモデルケースで7,912円のキャッシュバックが受けられるという。

またKDDIは関西電力と、同電力が提供するガス供給サービス「関電ガス」と「auでんきセット割」を組み合わせたサービス提供で提携している。

スマホと電気、ガスをセットで契約すると、ガスの使用量にかかわらず、大阪ガスの一般料金に比べて「誰でもおトクになるサービス」として、2017年4月より提供を開始している。

北陸電力はソフトバンクとも提携

北陸電力は、すでにソフトバンク(東京都港区)と提携し、ソフトバンクのスマホ・携帯電話と同社の電気をセットにするとお得になるサービス「おうち割」を提供している。これは電気料金に応じて、毎月Tポイントが貯まるというもの。

また、同電力は、首都圏エリアの家庭向け電気料金メニュー「北陸かがやき」で、ALL CONNECT(福井県福井市)と提携。

子会社であるLink Life(東京都品川区)が提供するインターネット光回線と電気をセットにすると割安になるサービスを2017年4月より開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.