> > 生育環境計測が大変なイチゴ農家、スマート農業システムの実証実験

生育環境計測が大変なイチゴ農家、スマート農業システムの実証実験

 印刷 記事を保存

アナログ・デバイセズ株式会社は、自社のスマート農業システムを活用し、イチゴ専門農家の村田農園(茨城県鉾田市)においてイチゴの生育環境データの可視化実証実験を完了したことを発表した。

50棟規模のビニールハウスを持つ村田農園は、「村田さん家のいちご」として知られる大きくて高品質のイチゴを、有名果実店、製菓店やホテルなどに提供している。

高品質イチゴの栽培にあたっての課題の1つは、生育環境計測作業の負荷が大きいということだ。


この記事は、たとえば

  • 生育環境計測の負荷が高い作物を取り扱う農業関係者にとって、負荷削減のヒントになります。
  • IoT関連の製品・サービスを提供する事業者にとって、競合企業の製品として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.