> > 北陸電力、また新サービス発表 今度は外出クーポンの利用時間を拡大

北陸電力、また新サービス発表 今度は外出クーポンの利用時間を拡大

 印刷 記事を保存

北陸電力(富山県富山市)は6月29日、電力需要が高まる夏季の日中に協力企業や団体の店舗へ出かけることで家庭の電力消費を抑える「出かけて節電」の取り組みを、昨年度に引き続き7月1日から実施すると発表した。

北陸電力は先日日本海ガスと連携したサービスや、KDDIと連携したサービスを発表したばかり。

今回発表したサービスの対象となるのは、同社のサービス「ほくリンク」の会員。実施期間中、同サービスのサイトに、53の協力企業・団体で使えるクーポンを掲載する。会員は、10時~17時までの間のクーポンが利用可能な時間中にエアコンや照明を消して外出し、節電に協力する。

(※全文:728文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.