> > 北欧フィンランド、コンテナ型植物工場のベンチャー企業が新たに誕生

北欧フィンランド、コンテナ型植物工場のベンチャー企業が新たに誕生

 印刷 記事を保存

完全人工光型植物工場によるベンチャー企業の中で、最も多い参入パターンはコンテナを改修した植物工場による地産地消モデルであるだろう。

市場規模が拡大している米国でも、多くのベンチャー企業がコンテナ型をプッシュしており、今回は人工光栽培ニーズがある北欧フィンランドのベンチャー企業「Exsilio社」を紹介する。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスの関連事業者にとって、海外の競合企業の動向や製品の参考になります。
  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、収穫量の参考数値などの参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.