> > 非熱電場技術でトマトの成長は加速するか? イスラエル製AIも導入し実験

非熱電場技術でトマトの成長は加速するか? イスラエル製AIも導入し実験

 印刷 記事を保存

トレイダーズインベストメントとMARS Companyは、共同出資による新会社(株式会社MARS AGRITECH)を設立し、新会社にて運営を予定している非熱電場技術を農業分野に応用した実証研究・事業を展開するため、MARS Companyが株式会社須藤物産と技術供与及び業務提携を行う。

須藤物産は、平成27年にイスラエル製ハウス栽培用の人工知能(AI)システムを国内で初めて大型温室で導入し、それまでの日本農業の常識を覆す画期的な人工知能(AI)制御による大型温室ハウス栽培を開始している。


この記事は、たとえば

  • 植物工場を運用・導入する事業者にとって、作物の成長を促進する新しい技術の動向として参考になります。
  • 植物工場の関連事業者にとって、競合他社の動向として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.