> > 定温航空輸送サービス、生鮮食品を日本→香港へ 廃棄ロス・コスト削減

定温航空輸送サービス、生鮮食品を日本→香港へ 廃棄ロス・コスト削減

 印刷 記事を保存

オイシックスドット大地株式会社が運営する 「Oisix香港」は、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社(YGL)が提供する、パレット単位で輸送する果物、野菜や日本酒などの温度管理が難しい生鮮品の品質や鮮度を保持したまま、コストを抑制する新たな航空輸送サービス、Yamato Natural Aircargo(YNA)を導入し、従来比廃棄ロス15%、輸送コスト10%削減に成功した。

サービス開発の背景

従来、パレット単位で温度管理が必要な生鮮品を海外に航空輸送する場合、冷蔵コンテナに入れて輸送する方法が一般的だった。しかし、冷蔵コンテナを利用する場合、高い輸送コストや、商品によっては低温の影響でダメージを受けてしまうため、品質管理が課題であった。


この記事は、たとえば

  • 生鮮食品の輸出入を手掛ける事業者にとって、新しい輸送方法として参照できます。
  • 農畜産物を製造・販売する事業者にとって、新たな販路の可能性を広げる参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.