> > 太陽光発電に風力発電を増設、出力変動を緩和制御する新システム

太陽光発電に風力発電を増設、出力変動を緩和制御する新システム

 印刷 記事を保存
太陽光発電に風力発電を増設、出力変動を緩和制御する新システム

太陽光発電協調型風力発電システム概要図

日立パワーソリューションズ(茨城県日立市)は7月12日、出力変動緩和制御技術と、既設の太陽光発電に追設する風力発電の発電出力予測技術を組み合わせ、風力発電の出力を制御する「太陽光発電協調型風力発電システム」を開発したと発表した。

同システムは、

  • 系統への影響を軽減する出力変動緩和制御技術
  • 既設の太陽光発電の連系枠と発電出力から、追設する風力発電の出力制御値を予測する発電出力予測技術

を組み合わせたもので、既設の太陽光発電設備がもつ連系枠の範囲内で、同じ連系点に風力発電設備を追設し、その出力を制御するもの。

これにより、太陽光発電設備の発電量に応じて、風力発電装置を連系枠の範囲内で運転できるようになった。

また、今回開発したシステムを活用する発電ソリューションサービスを2017年7月より開始した。同サービスの内容は下記の通り。

1.発電環境に適したシステム提案

同社オリジナルの発電シミュレータを活用して、既設の太陽光発電設備の日射条件や最大発電出力から求められる風力発電設備の追設可能量や事業性、設置予定場所の風況を割り出し、発電環境に適したシステム提案を行う。

2.システム実現にむけた事業推進サポート

追設予定の風力発電設備の発電量予測、環境アセスメント、工事計画届の届出、電力会社との協議、用地確保に掛かる各種許認可申請、輸送計画などの業務をサポートする。

3.保守サービス

全国8ヵ所の風力発電設備保守サービス拠点と、同社の本社にある「遠隔監視・支援センタ」での24時間365日体制の監視サービスを活用し、不具合への早期対応を行う。また、「遠隔監視・支援センタ」のICTを駆使した保守サービスで、設備の安定稼働に貢献する。


同社は、このシステムの実現性については、同社が納入した風力発電所における実証試験で確認済みであり、追設する風力発電設備の設置場所の風速が大きいほど効果的であるとしている。

同社の風力発電設備の納入実績は、全国で300基以上。また、蓄電池併設の出力変動緩和制御型風力発電システムを7ヵ所に納入している。

ほかに8ヵ所の風力発電設備保守サービス拠点に対して、定期メンテナンスや故障時の迅速な復旧を行う保守サービスも提供している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.