> > インドのハイテク農業はイスラエルが進出 政府による50%補助も

インドのハイテク農業はイスラエルが進出 政府による50%補助も

 印刷 記事を保存

インドのハリヤナ州、カルナールではイスラエルの最先端・農業技術を導入した高度な施設園芸が増えている。植物工場とはいえないが、最低限の環境制御を行いながら高品質野菜の周年生産による農家の所得向上に貢献している。

インド政府とイスラエルによる農業連携プロジェクトの事業計画の締結は2009年に行われ、中央研究センターも建設された。事業費は約1億円。インド政府が認定するプロジェクトでもあり、期待は非常に大きい。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する事業者にとって、海外市場の動向として参考になります。
  • 日本国内で農業のICT化、植物工場ビジネスの発展を計画する行政関係者にとって、海外での施策例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.