> > 香港の企業、中国本土にてドーム型植物工場プラントの本格販売へ

香港の企業、中国本土にてドーム型植物工場プラントの本格販売へ

 印刷 記事を保存

香港に拠点を置くエコ・エナジーテック・アジア社は、太陽光・人工光型の植物工場や、自社技術によるフッ素樹脂フィルムを採用したドーム型植物工場などの技術開発やライセンス事業をアジア市場にて展開している。

同社では2017年5月に中国本土への本格ビジネス展開を行うために、香港に近い場所にある中国本土の東莞市に新会社を設立し、自社開発した植物工場システムのライセンス事業に力を入れるため、共通ブランド名として「ファーム・パレス」という商標も中国本土にて申請した。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスの関連事業者にとって、海外の競合企業の動向や製品の参考になります。
  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、導入設備の参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.