> > 廃バスを再利用・改造して都市型農業設備に 地域貢献もする米国の事例

廃バスを再利用・改造して都市型農業設備に 地域貢献もする米国の事例

 印刷 記事を保存

米国のグリーンビルディング協会・ロサンゼルス支部では、2017年の夏に新たなプロジェクト「野菜バス『Veggie Bus』」を開始する。このプロジェクトは都市型農業とデザイン建築を融合させる新しい実証プロジェクトであり、地域住民にソーシャル価値を再認識させる教育拠点となる。

同プロジェクトは現地のCommunity Services Unlimited社(CSU)から提案されたもので、グリーンビルディング協会は、資金とボランティア人材を提供し、利用されなくなった古いディーゼルのスクールバスを改修し、学校の教室(学ぶ部屋)と野菜の栽培・育苗、種子の保存場所などを設ける。


この記事は、たとえば

  • 輸送用機器の廃棄物を取り扱う事業者にとって、ユニークなリサイクル先として参考になります。
  • 都市型農業のサービスを提供する事業者にとって、海外の事例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.