> > 熱で発電する新しい反強磁性体物質 東大など、熱電素子材料を新発見

熱で発電する新しい反強磁性体物質 東大など、熱電素子材料を新発見

 印刷 記事を保存

東京大学(東京都文京区)は7月25日、理化学研究所(埼玉県和光市)等と協力して、熱から電気エネルギーを直接回収する「熱発電」で、巨大熱起電力を発現する熱電変換材料を発見したと発表した。

同研究グループは、100分の1以下の磁化を持つ反強磁性体物質(反強磁性マンガン合金(Mn3Sn))で、強磁性体と同程度以上の大きな熱起電力が生じることを、世界で初めて見い出した。

既存磁性体物質より磁化当たりで100倍大きい熱起電力特性を持つ反強磁性体は、磁化が小さいことを利用し高集積化が可能で、高効率の熱電変換材料として期待される。

非磁性を用いた熱発電機の課題を解消

反強磁性体とは、隣り合う磁性原子が反平行方向を向いて互いに打消し合い、外部に強い磁気的性質を示さない物質をいう。

(※全文:1392文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.