> > 中部電力、発電ダムの設計・運用を見直し発電量を3~28%もアップ

中部電力、発電ダムの設計・運用を見直し発電量を3~28%もアップ

 印刷 記事を保存

中部電力の勝野哲社長は、7月28日に開催した7月度定例記者会見で、既設水力発電所の発電電力量の増加に向けた、「設計の最適化・新技術の適用」と、コストがほとんどかからない「運用変更」の2つを柱とする取組みについて紹介した。

先月、国が公表した「ダム再生ビジョン」でも、既設ダムを「「より永く」「より賢く」使う」ことで、既設水力発電所の利用拡大を目指す方針が打ち出された。同社でも、従来から積極的に、既設水力発電所の発電電力量を増加させる取組みを行っている。

設計の最適化・新技術の適用で発電電力量が3~28%増加

水力発電は、河川などの水のエネルギーを利用し、水車を回転させることにより発電するが、従来は国から許可を得た最大流量時に最大の発電効率となる設計をしていた。同社は設備更新のタイミングで、年間を通じて取水できる頻度が高い流量時に、最大の発電効率を出せる設計に見直すことにより、発電電力量の増加を図ることとした。

(※全文:1805文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.