> > パナソニック、店舗用のLEDダウンライト・LEDスポットライト新発売

パナソニック、店舗用のLEDダウンライト・LEDスポットライト新発売

 印刷 記事を保存
パナソニック、店舗用のLEDダウンライト・LEDスポットライト新発売

パナソニック エコソリューションズ社(大阪府門真市)は8月10日より、「PiPit(ピピッと)調光シリーズ」の新たなラインアップとして、店舗市場向けのLEDダウンライトとLEDスポットライトを26品番発売した。

同シリーズは、専用コントローラーの無線通信で照明器具を調光するため、信号線工事が不要であり、照明器具を交換するだけで、手軽に調光システムが導入できる、省施工・短工期を特長とするシリーズだ。

また、各種コントローラとの組み合わせで、多様なシーンにふさわしい照明が、簡単に設定できる。例えば物販・専門店では、「PiPitハンディライコン」を用いた「かんたん設定」による器具個別調光操作で、部位ごとに最適な照度設定ができ、メリハリのある空間演出が可能だ。

そのほか、食品スーパーでは、スケジュール機能により、利用客の少ない時間帯や準備時間は照度を落とし、繁忙シーンでは明るさをアップするなど最適な明るさを設定することができる。

同社は、これらの機能により、きめ細やかな省エネが実現でき、無駄な電力を削減できるとしている。

新製品の価格は、「LEDダウンライト」が62,300円(550形)、93,500円(1000形)、「TOLSOシリーズ LEDスポットライト」が37,800円(350形)、42,800円(550形)(すべて税抜、希望小売価格)。同社は、同製品の2019年度販売目標を、3億円としている。

店舗と商材に合わせた演出サポートサービスも

なお、「TOLSOシリーズ LEDスポットライト」は同社が提供する「カラーオーダーメイドサービス」にも対応している。

現状とカラーオーダーメイドの違い

現状とカラーオーダーメイドの違い

同サービスは、色温度(K)と色偏差(Duv)の組み合わせにより、好みの光を実現し、オリジナルな光空間づくりを同社がサポートするもの。これまでの店舗演出用照明器具では、白色や電球色など限られた色温度の中での選択で、色偏差の選択はできなかった。

20170811_w01

同社では、同じ色温度でも色偏差により光色が異なることで、空間づくりにこだわりのある店舗が、より魅力的な空間に仕上がるとし、同サービスを展開する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.