> > 「行動科学」で家庭の省エネ対策 東京都が専門家などと検討へ

「行動科学」で家庭の省エネ対策 東京都が専門家などと検討へ

 印刷 記事を保存

東京都は8月17日、「行動科学を活用した家庭部門における省エネルギー対策検討会」(第1回)を、8月24日14~16時に、東京都庁第二本庁舎で開催すると発表した。都内全体のエネルギー消費量の約3割を占める家庭部門における省エネを一層推進していくことが目的。

「行動科学」とは、人間の行動や意識を理解し、予測・誘導しようとする科学的手法。第1回は「本検討会の目的」「行動科学の知見の活用」「都の特徴・都民の行動特性」「検討会の進め方」が議題となる。会議は公開で開催される。傍聴の受付は13時半から。

10人の委員名簿を公表

また、都はこの検討会の委員名簿を公表した。委員は下記の通り。

(※全文:1252文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.